スポンサーサイト

  • 2014.02.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    道とかそういうことの話

    • 2013.12.17 Tuesday
    • 23:32
    冬が好き




    冬の空が好き





    透き通った青空に、星がくっきりと見える夜空が好き




    今まで好きな季節がはっきりしなかったけど




    冬が好き。







    卒論の大枠が終わって、あと残りの文章を付け足すだけになった。
    文字にして2000字を付け足すだけなのだけど、ほぼ終わりみたいな気分です。



    卒論を書き終わるようになって思ったことは、道筋を立てて進むことがどんなに楽であるかということ。
    まあそりゃそうだろってことなんだけど、実体験で気づくかどうかが大事だと思う。




    人にやさしくするとか、友達を大切にするとか、そんなのわかっているけど、自分で体験したことから改めて理解すると身にしみる度合いが全然違う。






    話を戻すと、「道筋」を卒論だけじゃなくて、自分の人生でも立てたい。




    もしかしたら他の人はこれを「夢」って言うのかもしれないけど、まあそういうものを作って進んでいきたいと思う。
    自分が弱い人間であればあるほど、ずっと先に信じるものを置いておいて、そこに向かって進み続けることが必要なんだとね



    それはいわば宗教的な役割であって、一歩間違えればどんどんおかしな方向に行ってしまうリスクもある。


    でも何もしないリスクもあるわけだから、気にしてらんないってこと。




    具体的な話はいつかゆっくりとできたらいいな



    いつか自分の話をありのまま話せる日がくるといいな



    そんな漠然としたきもちのまま眠りにつくことにします





    明日は1限授業からの空港でのんびりしよう





    終わり。


     

    秋がわからなかった

    • 2013.11.28 Thursday
    • 22:45

    ぬーん。


    だんだん寒くなってきて、季節が変わる頃が風邪を引くときです。
    小さい頃から季節の変わり目は、いつもダメダメだったなあ。



    季節。

    学校には、春休み、夏休み、冬休みがあって、ゴールデンウィークがあった。
    でも秋休みはなくて、シルバーウィークもなかった。



    ちょっと制約があって、色々息苦しかった。




    高校のときに、秋休みがなんでないのかわからなかったから、自分で作ることにした。
    それで、秋にあらかじめ先生に宣言して、1週間学校に行かなかった。
    秋休みには、普段行かない海に行ったり、山に行ったり、森に行ったり、川に行ったりした記憶がある。


    自然に触れてたこともあったし、サボってるという制約からの自由やワクワクもあって、なんだか秋が楽しかったのだ。
    楽しいのが秋だったのだ。





    それから大学に入り、とっても自由になった。




    1年通して、いつでもどこにでも行けるようになったし、いつでもサボれるようになった。
    自分次第で毎日何もしないことも出来たし、毎日遊べることも出来た。



    人生の夏休みっていうのがよくわかるくらい楽だった。



    今年だって特にそう。
    単位や卒論に追われていたけど、まあ時間がたくさんあったしね。



    そして、いつも通り友人と会ったり、お出かけをしたり、お泊まりをしたり、相変わらず楽しんだ。


    でも、なんだか物足りない気持ちが残っている。



    この時期、楽しいのが秋だったのに、いつの間にかよくわからなくなっていた。



    猛暑に嘆いていたと思ったら、もう寒さに震え始めている。
    短かっただけではなく、なんだか自分の思っていた季節が一つなくなってしまった感覚だった。




    今年は、秋がわからなかった。























     

    自分は死なないと思っている。

    • 2013.11.27 Wednesday
    • 00:32


    「間違っても、宇宙のはじまりから話をはじめていまの天体がこうしてできたと、旧約聖書みたいな発想で宇宙を語るのは誤りなんだ」 佐藤文隆 『科学にすがるな!』より




    いきなりだけど、ブログで「今日は○○に友達と行ってきました、楽しかったです。」みたいなことを書くのが好きではない。
    楽しかった思い出は、心の中にしまっておきたいと思ってるし、せめて仲の良い人に知ってもらえればそれで良いから。

    同じような理由でFacebookをやらないし、リアルな友人をTwitterでフォローしない。


    もちろん、ブログやFacebook、Twitterでそういうことを書くのが悪い訳ではない。実際人のそういう話を読むのは好きです。


    ただ、自分が書くと、どうしても見栄を張っているだけになってしまうから。
    SNSで見栄を張っている自分が誰よりも嫌いだ。


    まあそんなことをここで言うくらいなんだから、かなりの見栄っ張りなんだろうね。笑




    それはそうと、

    今朝、なかなか小便が出なくなった猫を病院に連れて行った。

    待合室で他の犬や猫が吠えてる中、じっと静かにしていた彼。
    お医者さんに診察されて、注射を何本も打たれても鳴かずにじっとしていた彼。


    そんな彼と家に帰り、ゲージから出してあげた途端、鼻水を垂らしながら、鳴き出し、擦り寄ってきた。


    ああ、怖かったんだなあ。

    猫も人間みたいに強がったりするんだなと。



    まあ僕はとても捻くれた人間なので、それをみて自分も頑張ろうとか言う気はないんだけど、すくなくとも、うちの猫のほうが立派だなあと思う。




    僕は立派な人間になれるのだろうか?
    僕は立派な社会人になれるのだろうか?


    今日はそういうことをずっと考えていたけれど、なかなか自信を持って答えられるものではないない


    でも、せめて立派な父親になりたいとは思ってる。

    結婚する気も、予定もまだまだ全然ないけれど、ずっと思ってる。
    いつかきっとなれたらいいなあ   とかね




    なんだか今日は病院に行ったので、しんみりしてしまった。
    今日書いたこの文章は自分でもとても読む気になれないほどつまらないものになってしまったけど、猫の調子が良くなるまでは気持ちがもやもやしていてだめだね。


    あんまりだから、後で今日のは消すかも


    そんなんだけど、また明日も猫をつれて動物病院です



    頑張ろうぜ









     

    とってもお久しぶりです

    • 2013.11.25 Monday
    • 18:18
    ふと思い立って戻ってきた。
    誰も読んでいない場所で、誰も望んでいない文章をまた残しにきた。


    自分でも言った通り三日坊主になっていたけれど、それもこのブログをこの私が作った故だと無理矢理納得している。
    まあ人生は無理矢理納得しないと生きていけないかもしれないのかなとか思ってるから。なんちゃって


    それはともかく、大学4年の冬になりました。
    実は1年くらい前から、国家公務員を目指して勉強していました。
    時間があったから、のんびりとまったりと励みながら、この夏まで。1次の筆記や2次の面接も大丈夫だったけど、2次の論文のミスが響き、あと数点で落ちました。

    就職活動の目標として、「出来る限りスーツを着ない事」を掲げていたし、これといってやりたいことがなかったから、周りがもがきながら春に活動しているときも全く動いていなかった。だから大学4年の9月に駒が無くなりました。


    とってものんびりした馬鹿でした。


    忙しない馬鹿とのんびりした馬鹿はどっちがいいのか分からないけど、どっちにしろ馬鹿でした。


    ただ本当に運良く、秋から就職活動して2社目で内定をもらい、なんとか生きていけそうです。
    給料も環境も悪くないとこだし、なんだかんだうまくいったのかなって思ってる。

    まあそんなところです。



    社会人になる前の最後のこの時期は特別な時間だと思う。
    この時間に思った事、考えた事を残したいなって気持ちになったから、これから頻繁にブログを書こうかな。もうちょっとフランクにね


    そしてこのブログのテーマは「宇宙」です。
    つまりは現実逃避。学生最後の数ヶ月は、徹底的に現実逃避をしようかなっていうこと。





    とりあえずまた夜に書く。
    では


     

    始まりは恥のまとわり

    • 2012.04.12 Thursday
    • 00:34


    久しぶりの更新。


    新学期、始まりました。


    数ヶ月ぶりに長い時間電車に乗って学校に通っています。

    この時間を有効活用できるかどうかに僕の大学生活がかかっていると言っても過言ではないくらいずっと乗っている気がします。



    毎日同じ景色なだけに、飽き飽きしてるところですが、同じ景色が変わって見れるようになれればなあと思ったりなんかしちゃったり。


    でもなかなか難しい。無意識のうちの行動で同じ場所に注目してしまうんだろうな。


    視点を変えて同じ景色を違う映像で見ることができるようになりたい。

    それがいつもと違うもので自分とは浮いてしまっていても。

    新学期なので、恥をかいてもいいんじゃないかな。


    自分を自分で守ってばっかりじゃなくて、自分で自分を攻めて行く年にしたい。

    あるYUKIのよるに

    • 2012.02.18 Saturday
    • 01:01


    こんばんは

    雪が少し降って、なんだか楽しい気分です。


    もっと積もればいいのになんて思いながらのんびりしています。
    関東に降る雪は水分が多めで綺麗ではないけど、それでも雪というのは好きですね。



    小さい頃の空き地でかまくら作ったり、雪合戦をしたりしていた思い出がぐるぐると頭をよぎる。

    あの頃の自分は何だってできる気がした。
    あの頃の僕達は何があっても大丈夫だった。


    そして何もなくても楽しかった。


    今はどうだい?
    今日の雲がどういう形だったかも頭に無く、ただただ意味も無く急ぎ足でうつむきながら家に帰る。

    決まり切った挨拶や会話に安心を感じ、新しい事を欲するが、同じように新しいことを拒絶する。

    もう大人なんだからっていうけどさ、足していけばいいだけで、わざわざ捨てる必要はないんじゃない?



    ゆっくりでもいいんだ


    自分の足でしっかり歩こう





















    よるをこえて

    • 2012.02.11 Saturday
    • 00:58

    はじめまして?こんにちは

    半年くらい前にちょくちょく書いてはいたんですが、真っ新にして、また書いていこうと思います。

    こういうの続いたことないんだけどな笑
    でも始めるのだけは好きです。

    いろいろな人から刺激をうけて、考えることが多いので、それを自分の言葉でうまく伝えていければいいなと思います。


    さて、春休みです。
    学校がある時は今か今かと待ち焦がれた休みですが、いざ休みになるともういいかなってなるやつです。


    でも忙しくなるとすぐ休みを欲しがるわがままタイプだったりするので


    休み休み活動休み活動活動休み



    みたいなかんじがいいな!


    だめか!笑

    絶対会社員は向いてないと我ながら思う。


    ゆったりのんびり生きてゆきたいぜ

    今年はゆっくり歩いてみようかな
    いつも訳もなく早歩きだった自分を変えて、道に転がってる小さなことに何かを感じてゆこう




    ではきょうはこのへんで





















    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM